コンテンツ

ニーズのある仕事

暗い店内に赤の照明

京都市伏見区の歯医者には、毎日たくさんの人が訪れ、治療を受けています。ニーズが増えつつある現場にもかかわらず、治療を行う歯科医の数は足りていないとされているため、倍率が下がったことで歯医者を目指す人が増えています。

詳細を読む

機能性が高い

緑のライト

山口のクリニックによるインプラント手術は、既存の入れ歯に代わり顎の骨に人口の歯を埋め込むことを行います。保険が効かないため治療による費用は高額なものとなりますが、入れ歯とは違い咀嚼による確かな感覚を味わうことができます。

詳細を読む

保険の利用

店内の様子

佐世保の歯科クリニックでは、歯にかかる病気の治療で保険を適用することができます。健康な食生活を支える歯ですので、歯が何らかの病に掛かった場合、生活にも大きな影響が現れます。保険を適用させ、費用を抑えながら治療しましょう。

詳細を読む

銀歯による問題

歪んだ歯並びをそのまま放置することは辞めましょう!歯間の食べかすが虫歯を増長させますよ。矯正は実績を豊富に持つ歯科医の元へ。

歯のお手入れをサポートしてくれる天王寺区の歯科がこちらです。虫歯になりにくくなるフッ素コーティングで、健康を保ちましょう。

銀歯の中が意外とキケン

歯科メーカーの調査によると、40代の銀歯保有率は、約80%(女性のみだと約83%)と全世代で最も高いことが明らかになりました。40代の方が子どもだった頃は歯のケアがおざなりだったので、虫歯の数が多いのです。そして、当時の治療は銀歯が主流でした。銀歯は口の中で酸化や劣化が激しく、銀歯の中が虫歯になりやすいのだそうです。特に保険で治療できる金銀パラジウムの合金でできた詰めのや被せ物は、歯の接着が弱いことが多く、すき間から虫歯が侵入しやすいのです。ひとつの目安として治療してから5〜10年ほど経っている歯はしっかり観察して、疑わしい場合は思いきって歯科治療をし直したほうが良いでしょう。さらに金属アレルギーの心配も。劣化した銀歯から金属が溶け出して、アレルギーを発症することもあります。

2〜3か月に一度、歯科医で

指や腕の内側などの皮膚のやわらかい部分に出る発疹は銀歯からくる金属アレルギーが原因のこともあります。(2〜3か月に一度、徹底的なクリーニングを)気づかないうちに進行していることが多い歯周病は、エイジング世代の強敵。女性ホルモンの問題だけでなく、加齢とともに免疫力も弱まってくるので、歯周病菌が増えやすい口内環境になっているといえます。虫歯が少なくて歯科とは無縁の生活をしてきた人は特に要注意です。虫歯菌と歯周病菌の量は反比例関係にあるといわれていて、(虫歯菌が少ない人は歯周病菌が多く、歯周病菌が少ない人は虫歯菌が多い傾向)があるからです。歯周病の進行を食い止めるには歯科で定期的にクリーニングするのがベストです。

歯並びがコンプレックスなら練馬区の矯正歯科に通いましょう。コチラなら専門医が高度な技術でしっかり治療してくれますよ。

オススメリンク